Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレオグラフとセノグラフ


部屋の片付けをしました。
本番が近くなると、
他にやるべき雑務はたくさんあるにも関わらず必ずやります。
身の回りを整頓すると、
頭の中も整理されて考えがすっきりします。

いるものといらないものを分別して、
紙資料やデータを分類してファイリングすると
次にやるべきことがクリアになって仕事がはかどるのです。
何をどこに収めるのか、
これはどこにあるべきなのか、と
ものの個性を見極めることが面白い。

私は何かの性質を捉え、
それを配置しコーディネートするのが好きです。
「振付家」と言っているのは単にわかりやすいからで、
自分の作品を創るモチベーションとして、
実は振りそのものを考えるのが好きとか
身体の可能性を追求したいというのとはちょっと違います。
私がやりたいと思っているのは
空間をスタイリングしていく、という感覚が強いです。

ダンス作品を創りたいのではなくて、
空間的な作品を生み出したいといつも思っています。
だから私の作品が果たして「ダンス作品」なのか、ということは
自分の中で常々違和感があります。
ある空間をコーディネートするときに美術的・音楽的な要素に加え、
たまたま身体が私にとって重要な要素だったから「ダンス」という
カテゴライズで説明している。

私にとって振付けすること(コレオグラフ)は
単に動きを生み出すことだけではなくて、
空間構成(セノグラフ)であり、
憧れも込めて言うのなら作曲でもあります。
空間の色合いを染める音色つまり楽器を決めて、
拍子のルールに沿って、メロディーを書いていく。
それが私にとっての振付けという感覚にとてもフィットします。
実際に音楽の作曲はできませんが、、

踊ることが大好きでダンスしているけれど、
自分の作品をつくる時はちょっと違った回路を使っているなということを
一度言ってみたくて、
その試みとして今回展示や制作レポートなど、
パフォーマンス公演以外の出力をしてみようと至りました。
できあがった作品だけでなく、
その創作のプロセスが結構面白いのでは、と思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。