Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンサーの勘、と知性について


振付家ができることにはある限界があって、
そこから先を切り開いていくのはダンサーであると
最近切実に思う。

ダンサーにこうしてほしい、ということを
振付家としてことばや自分の身体で伝える努力はする。
しかし、それを最終的に体現するのはやっぱりダンサーで、
彼女/彼がどこまでそれを実現してくれるか。
作品の精度を上げる方法として、
ダンサーの感度というのは非常に大切な要素であるように思う。

いいダンサーは、「動ける」基礎力があって尚且つ
「踊る」ことに勘がある。
でも、勘に優れていてもそれを体現できるだけの技術がないと・・
しかも振付家は必ずしも良き指導者というわけではなく、
作品をつくることとダンサーにスキルをレッスンするのとは
違うセンスが問われる。

私は人の振付けを踊るのは正直苦手である。
振付家にまっさらな素材として身体を提出できず、
どうしても自分を提示してしまう。
そういう意味で私は純粋に誰かのダンサーにはなり得ないと感じている。

そんな私がダンサーとして非常に豊かな経験をしたのが、
昨年岩渕貞太さんの振付けで踊った『タタタ』のクリエイション。
全く違う言語のため、最初は驚くほど振付けを覚えられなかったし
身体の筋肉が全然ついていかなかった。
けれど、そんな状況だったから自分を出す余裕すらなく
まずはどうにか振付家の求めている動きに近づこうと必死に身体と格闘した。
This is an apple. な状態。
そして、それを作品として見せることを考える段階で
私らしさの踊りをまったく違う身体言語の振付けにどう匂わすか、試行錯誤。
そのときの踊りこみの時間は今までない経験だった。
ひとり稽古場で黙々、
「貞太さんの振付」と「私の踊り」の調合というかバランス感覚を探った。
たぶんほんの1時間ほどの自主練だったと思うけれど、
ある瞬間ふっと、初めての言語で自分の気持ちをつづるコツがひらめいた。
I want to eat this apple!

ある方から以前
「知識・教養の頭ではなく、身体で考える知性を身につけなさい」
と言われたことがあった。
当時はあまりよくわからなかったけど、
このクリエイションで「ダンサーとしての知性」というのが
少しわかった気がした。

とにもかくにも
痛みも快楽も身体の感覚は当人しか掴むことができず、
ダンサーとしての勘、そして知性は経験の中で体得していかなければ。
あと、人の踊りを「観る」ことも大事です。
精進いたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。