Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その問いかけにこたえるために


舞台には鯨の尾びれがあって、
女の人が両脇を男の人に抱えられて絶叫して飛んでいて、
休憩時間もずっと桜が降っていた。
日本で作った作品『天地』。
それが私の初めてのピナ・バウシュの体験。
18年の人生には受け止めきれないほどの愛と痛みだった。

映画『トーク・トゥ・ハー』の冒頭でピナが踊っている姿。
絹糸みたいな呼吸。
その『カフェ・ミュラー』を国立劇場で観ることができた。
椅子をひたすらどかし続けるその音が切実で、
最後わずかにピナがふらついて。

私が観ることのできた最後の舞台は『パレルモ・パレルモ』。
石のブロック壁が崩壊した。
土ぼこりの世界だった。

ピナはダンサーに問い続ける。
愛とは?月とは?歓びとは?けなげさとは?
ピナの体のないこの世界でも、
問いかけて、探して、踊り続ける。

ピナの作品を、ヴェンダースが撮ってくれました。
映画館でぜひみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。