Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望のゼロ地点 、


この世間には
無視したいことがたくさん、溢れている。
そんな外界は馬鹿馬鹿しい情報ばかり、
多すぎる、情報を選択するために陥る情報の渦、
同じようなものばかり、なのに
その差異を少しでも見つけようと躍起になり
疲れ果てて、うんざり、なんで生きてんだろう、
でも死ぬ理由も勇気も悪意もない、
それで何か豊かさらしきものに心を満たされ、
何気ないことが幸せだと言いきかせ、事実そうであるし、
それでもなんでかそういうのもまた経済操作であったりして、
結局生きるために働き、それはストレスで、
だからこの世界は生きづらいし、どこに行っても同じなのだろう。
だけど、なんで、生きてしまっているのか、納得したい。
ときどき生きるのも、死ぬことも面倒だと思うほどの
絶望に陥り、何かに対して怒っているというか、
生きてしまっていることに苛ついて、
そのことは悲劇そのもので、
デフォルトは絶望だから、
絶望がゼロ地点だから、
もう絶望しないっていうか。
ただ、この生産性のない思考をすることが
唯一の、生きてしまっていることを納得する方法である気もして、
こんな面倒くさいことにうんざりしつつ、
それでもよくわからない希望、
なんなのかよくわからないけれど、明日はあると信じきっている。

---
積み上がらないことを切実に願いながら、
彼女は石を重ね続けた。
『Night in June』のラストシーンは
前日の通しまで、角砂糖を倒れるまで積み上げることになっていた。
けれど、それはあまりにスポーツで、
崩壊する前にもうそれは不安定な白い小石を重ねることにした。

---
絶望のゼロ地点については、
大学の卒業制作の時点ですでに意識にあった。
その時にはもう、気づいていた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。