Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽する身体


シェルカウイ振付の『アポクリフ』に急遽お誘いいただき
昨日観てきました。
いつもコクーンばかりでオーチャードでは初めての鑑賞。
聖書とコーランをモチーフにして、
良くも悪くも私にとって西洋的なダンスの身体。
3人のダンサーが巧みに扱う人形の動きに目を奪われました。

そんな中、終始アカペラで歌う男性のコーラスの伝統音楽の響きが
本当に美しく、尚かつその身体の佇まいが神聖でした。
ダンスの身体とは違う、ほどよくリラックスしたいい加減さと
状況を把握するような職人的な緊張感と洞察力。
彼らが舞台上を移動するとき、ダンサーを気遣いつつ、
でも無防備であからさまに線引きした立ち位置がかっこいい。
そういうのに憧れてしまう。

(おまけ)
ミュージシャンのラフさ
軽やかさ

衣裳はドリス・ヴァン・ノッテン。
ちなみにローザスの『レイン』もドリスの衣裳で、
日本公演に行けなかったから台湾公演まで追いかけた笑。
綺麗だったなぁ・・

今回の作品を観ながら、
「音楽会の演出をしたい!」とアイディアが盛り上がった。
私を魅了する<音楽をする身体>について、
ダンサーが限りなく演奏者に近づいていく作品をつくってみたいと。
ダンスというか、音楽作品をつくってみたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。