Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築は、どこ?


『建築はどこにあるの?』展に行ってきました。
私がそこで発見したのは、「光」だったように思います。

<7つのインスタレーション>の中で
菊地宏氏の作品の、光の陰影が変化する中で
そのことに気づいた。
プロジェクションされた映像の動きによって
移り変わる影、明け方のような照度が心地よかった。
時折、区切られた隣室で回転している装置の
漏れ明かりが強く差し込む。
それがまたはっとするリズム。
「あ、建築の陰影って大事だな」と。

それで、やっぱりそれは気配を感じさせる。
数学的な計算で引きだされる角度、広さ、高さなど、
そしてそのための壁や柱や扉。
それが私には物語を想起させる。
ダンスをする私にとって、建築は色っぽい。
(その点では鈴木了二氏の模型?建築?的な作品は
ここに人がいたら面白いなと感じた。中に入っちゃダメだけど笑)

いろいろ踊ってみたい建築や空間はあるのですが、
身体と光だけで作品を作ってみたいと思った。
これはダンスではごく基本的な考え方だけど、
私にとってはあるひとつの挑戦になると思う。
光の陰影だけがある空間に立ってみたい。
そこで技術などの身体性ではなく、
どれだけ私らしく空間を編み出せるか。

そこにダンサーが立つことで建築の物語を引き出し、
空間は身体の陰影を引き出してくれる。
建築とダンスはある意味、
相思相愛な関係であると思うのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。