Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

振り幅、


中学3年の夏、
ゼロックスのCMが衝撃だった。
スーツのまま靴もはいて風呂場に入ってくる、
そして水鉄砲で「だー」とか言いながら遊んでる男。
彼に夢中になったのが、
私にとってひとつ大きな事件であったように思う。
その人が浅野忠信だということを知って、
それから彼の出演映画すべてをレンタルし、
そのうちに映画そのものに惹きこまれていった。

高校では1級上の先輩に映画オタクがいて、
ゴダールやリンチ、キューブリックやらの洗礼を受ける。
横浜のジャックベティに勅使河原宏特集を観にいき、
なんだこれは、と武満徹の音楽を知る。
この頃に浴びるように映画を観たことは、
私の作品をつくる際の大きな刺激となっている。

映画の話はともかく、
浅野忠信という佇まい、そしてその振り幅のすごさに圧倒された。
まるで同じ人とは思えない、役ごとに全く違う匂い。
でも彼だという、芯。
その身体性はダンスをする私の身体にも影響した。
振り返るときの温度、
手の所作、相手との距離感、座り方。

作品をつくる人は、振り幅はなくていいかもしれない。
けれど、私はダンサーとして
「この人こんな表情もあるの?」と挑戦していきたい。
しなやかに、そしてくるくると軽やかに。