Profile

sakaiyukina

Author:sakaiyukina
振付家・ダンサーの酒井幸菜による日々の制作メモ

▼twitter
最新情報など、お知らせします
@sakaiyukina

プライベートで愛用・みつけた、
好きなものをメモがわりにつぶやき
@sakaiyukina_day


▼発売・公開中

【出演】
ショーンレノン コーネリアス
『Heart Grenade』MV
>>>

【出演協力】
青葉市子
『いきのこり●ぼくら』MV

【振付】
攻殻機動隊ARISE ED曲
salyu×salyu
『じぶんがいない』MV

【掲載】
月刊ブレーン 2013年4月号
<ニュークリエイター>で
ご紹介いただきました

【演出・振付・出演】
清竜人 MUSIC SHOW LIVE DVD
完全限定生産>>

【対談企画】
急な坂スタジオHPにて
対談公開中!
こちらから>>

【インタビュー】
SONYヘッドフォンBT150NCを
モニター体験して
SONY The Headphone Park>>



▼mail
info@sakaiyukina.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったぁ快挙!!


高校ダンス部の県大会で、
振付・指導したデュオの2組がなんと!
1位2位のワンツーの快挙です!!
すごい!

クラシックバレエを習っているふたりと
新体操をやっていたふたりの組み合わせのペア。
ひとつは『素粒子』というタイトルで、
2つの原子が常に形を変えつづけながら存在している
物質をイメージした硬質な作品。
J・ケージの空白の音楽を使用し、
動きの組み合わせと完璧な技術力でないと成立しない
かなりリスキーなものに挑戦しました。
とにかく筋肉を固めないようにと伝え、
ふたりは大きく堂々と踊ることができました。

もうひとつは、
探偵をイメージした『There is!!~秘密の足跡~』。
こちらは物語性でひきこむ仕掛けの作品でした。
のびのびとした肢体が印象的で、
アクロバティックな技も入れつつ
音楽や追いこむ振付けのスリリングさも相まって
お話に引き込まれるかのようでした。

ふたつは全く違う雰囲気の作品でしたが、
それぞれの努力と実力が形となって評価にもつながり
彼女たちにとっても、また私自身にとっても
大きな自信になったと思います。
それぞれのペアに合った作品を
私にはできない技術も組み込んで振付けることができて
楽しかったです。

秋から取り組んできた群舞作品『人か、獣』は
残念ながら賞に入ることはできませんでした。
評価される場であるから悔しい気持ちはありますが、
本番はとても集中した緊張感があり、
追求していたものに近づいていったと思います。
ここ数日のみんなの気迫と伸びをみると
まだまだ可能性を引き出せる。
私自身この2年間の指導経験はとても学ぶことが多く、
ダンスって何?コンクールって何?と葛藤することで
少しずつ視野が広がってきました。
<大会作品>というカッコ付きのものでの勝負の仕方。
指導しなくてはいけないこと、伝えたいこと。
そして私だからこそ、伝えられること。
私らしさのエッセンスも大切にしながら、
高校生に必要なものというのをしっかり育てたいと思いました。

実は過去に私も優勝を経験した大会。
自分で振付けたソロは林檎をもって椅子に乗ったり隠れたり
指先を小さく動かしたりするだけの作品。
他校のバリバリのびのび踊る子を羨ましく思いつつ、
その子がいたからこそ自分の表現を貫き通せたと思います。
同じ年のライバルこそ、
自分を高める素晴らしい財産なのです。
そして野に放った子羊を見守ってくださった先生の存在。
ダンスにどうやって点をつけるのかと正直
あまのじゃくに思うこともありますが、
評価を伴う競争ってある時期にはやっぱり大事なことなんだと実感。

りなちゃん、もえちゃん、
みずほちゃん、えりかちゃん、
おめでとう!!
そして、ダンス部シフォンのみんなが
これからもっと大きく強くなりますように!


スポンサーサイト

運動、技術


最近ダンスについて、
もっぱら運動力と技術のことばかり考えている。
作品として見せたいのはそこではないのだけど、
運動力と身体をコントロールする技術力がないと
その先にいけないのです。
動けるだけでは足りないのだけど、
動けないと、身体に何かをのせることが難しい。
のせる何か、を確実にするためには
やっぱり土台となる運動と技術のある身体が必要になってくる。

去年度から母校の高校のダンス部に
大会で成績を出すことが目的の特別コーチという形で指導している。
私は大学でダンスを体育や教育の面でやってきてないし、
高校ダンスの大会はまさに体育的で、
そういうのに反発してきた自分の高校時代を思うと
そんなのまさか無理と迷いつつ、試行錯誤してきた。
私ができること、伝えられることは?と考えた時に
自分の作品を踊ってもらうことで、
創る過程や踊る時に大切にしてほしいことを伝えられるのではないかと、
それが私のやるべきことなのではないか、と。

そうしていろいろ「作品の隙間」だとか、
「動くだけでない身体の緊張感」だとかを言い続けてきて、
みんな最初は??となって、
汗をかかない練習とかにストレスや不安も感じながら、
でもなんか踊るってただ動くだけではないんだな、というようなことを
少しずつ感じてくれたように思っている。

動きやテーマをただなぞるだけでなく、
作品としてその隙間に見え隠れするものを紡ぎだしたい。
そういう部分こそが、私だからこそできることなのではないか。
大会ではたった4分、ときには3分もない中で
見る人を惹きつける作品に仕上げないとならない。
迫力のあるユニゾンや訓練された技でみせることでなく、
もっと繊細さを感じさせるような作品で勝負したい。
そのために、運動や技術で土台をつくらないとならない。
そのことを最近痛切に感じ、
苦手と思いこんでいた身体の動かし方を教えることを
積極的に声に出して言うようにしている。
(それはやはり自分自身の動きについて考察することにもなり、
私にとってもいろんな角度から試行錯誤するよい機会にもなる。)

でもそこで終わらず、その先でこそ表現できる作品を目標に。
教育は評価基準が明確でないとならない。
だからユニゾンが揃ってるとか足が高く上がってるとか、
題名と動きが一致しているとか、
そういう部分で判断できる作品でないと
なかなか成績にはつながりにくいのを承知で、
動きそのものだけでない、作品の大切な何かを
みんなの踊りでみせたい、みたいと切実に思うのです。

冬に向けて挑む作品の題名は 『人か、獣』
もがき苦しんで、がんばろう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。